忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 04:33 】 |
サマンサタバサの特徴と商品概要
ブランドが世に出てくるには、それなりの理由があります。

斬新なアイデアと技術力そしてこのころは
マーケティング力が備わっていないと売れません。

以前は、良いものであれば売れていました。

が、現在では、マーケティング力が必須です。

では、サマンサタバサについてお話しします。

サマンサタバサがエレガントなデザインを重視して、
大人の女性をターゲットにしたファッションブランドならば、
サマンサベガは10代の女性や女子大生などをターゲットにした
サマンサタバサの妹的ファッションブランドと言えるでしょう。

そのデザインも、色はピンクやレッド、ホワイト等のパステルカラーを多く使い、
チェーンのアクセサリーやハートをあしらって、可愛らしいイメージで作られています。

また、ターゲットとなる世代を意識してか、
商品価格の設定もより低価格となっている為、
おしゃれに敏感な若い世代の女性達に人気のブランドでもあります。

サマンサベガの商品は、小物類やチャームも充実していますが、
なんと言ってもバッグが人気商品として挙げられるでしょう。

ハートバッグやカゴバッグといったデザインの可愛らしさに
ばかり目が行ってしまいそうですが、使い勝手も十分考えられています。

しかも、本革ではなく合皮を使用している為に軽量ですので、
普段の持ち運びにも嬉しいですね。

また、小物類が充実しているサマンサベガですが、
その中でも財布は元気でキュートなデザインの種類が豊富に揃っていて、
とても人気が高い商品です。

タイプも二つ折りと長財布があるので、
財布の形に拘っている人にも嬉しいですよね。

一目見て、「サマンサブランド」だと判るような凝ったデザインの物が多いので、
きっとお気に入りのお財布を見つける事が出来るでしょう。
PR
【2011/10/23 09:44 】 | サマンサタバサ
サマンサタバサの特徴と商品
サマンサタバサは日本の発祥のブランドで
低価格なのに、高級感があり、
蛯原友里さんとのコラボレーション作品も記憶に新しい。

では、サマンサタバサの特徴と商品を説明します。

サマンサタバサとは、バッグの輸入会社を経営していた寺田和正が、
1994年に設立した日本のブランドです。

ブランドのコンセプトが「エレガントで上品なファッション性」ということで、
若い女性をターゲットとしたバッグや財布、ジュエリーなどを展開しています。

今までに、ビヨンセやヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポア、
モニカ・クルス、サラ・ジェシカ・パーカーなどの海外セレブと
コラボレーションした製品を展開したり、デザイナーとして起用したりして
、若者の注目を集めて成長しました。

サマンサタバサの商品は、ポップでキュート、
そして、エレガントでカラフルなのが特徴です。

また、ほとんどの製品が日本製となっており、
生産も日本の工場が主導となっています。

海外セレブなど、著名人とのコラボレーションや
デザイナーとしての起用などをしているにも関わらず、
価格が海外ブランドと比べて控えめで、
2万円程度の低価格で設定されているのも人気の理由の一つです。

高級感だけでなく、普段使いにも使用できるような素材のバッグや、
カジュアルな製品も積極的にとりいれて、
常にトレンドを追いかけ、進化し続けています。

サマンサタバサのバッグは、売り切れになってしまうほど毎回人気です。

特に、モデルの蛯原友里さんとのコラボレーション作品は大ヒットとなりました。

また、取り外し可能なミッキーのぬいぐるみチャームがついた
ディズニーとのコラボレーションのバッグも人気商品です。

ディズニーとのコラボレーションはバッグだけでなく、
ポーチもかわいいと好評です。

他にも、定番のフラワーモチーフやハート型の持ち手のバッグなどが人気でしょう。

比較的低価格で購入できるサマンサタバサですので、
オンオフの切り替え用にと、何種類ものバッグをそろえている女性も少なくないそうです。
【2011/10/07 18:36 】 | サマンサタバサ
| ホーム |